ニュース » 記事詳細

南房総市の三幣貞夫教育長が、内閣総理大臣の諮問機関である「教育再生実行会議」の有識者メンバーに、このほど再任された。三幣教育長は、平成27年の9次目から有識者メンバーとなり、今回の11次目で3次連続の選任。

21世紀にふさわしい教育体制を築き、教育の再生を実行し、内閣の最重要課題のひとつである教育改革を推進させようという会議。

総理大臣、官房長官、文部科学大臣兼教育再生担当大臣と有識者で構成し、平成25年1月からこれまでに10次にわたる提言をまとめている。

今後の会議では、これまでに議論されてきた10次までの提言のフォローアップを行うほか、11次の提言に向けた幅広い意見交換を行っていくという。

三幣教育長は「南房総市の教育への取り組みや教育現場での実態などを、教育再生実行会議を通してアピールすると共に訴えていきたい」と話している。

12月23日20時00分 850
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved