ニュース » 記事詳細
南房総市をPRする堀江会長(左)=タイ王国で

県のトップセールスに同行

南房総市観光協会はこのほど、タイで外国人観光客の誘客活動を行った。堀江洋一会長が県とともに訪問し、南房総市の自然体験や受け入れ態勢などをPRした。

同市とタイは平成27年1月に、地域振興に向けた支援、経済連携を形成するための意見交換、地域交流、特産品の展示・商談会などの事業を行う「パートナーシップに関する覚書」を締結している。

観光協会でも昨年2月に、石井裕市長とともにトップセールスを行い、個人旅行者の誘致を行い、地元テレビ局「GMM TV」の取材を受け、南房総の魅力を同国で紹介してもらうなどしている。

今回の誘客活動は、県のトップセールスに同行。現地で行われた観光セミナー商談会で、堀江会長が南房総市をPRした。

ヘルスツーリズムとして取り組んでいるさまざまな自然体験をはじめ、地元の魚介を使った和食中心の食事メニュー、ビワやミカンといった収穫体験、料理の神様をまつる高家神社などを紹介。

このほかにも、空港からのアクセスの良さや宿泊施設の受け入れ態勢などもアピールした。

誘客活動に合わせ、同国の日本旅行紹介番組「スゴイジャパン」の取材を受け、4月から開始するレンタルカートや市内道の駅、ちくら朝市の様子が放映されたほか、「GMM TV」と「JAPAN X」も含めた3番組が動画サイトで南房総を紹介しているという。

観光協会では「今後も2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、インバウンド観光の誘客活動や受け入れ態勢の構築に取り組んでいきたい」と話している。

【写真説明】南房総市をPRする堀江会長(左)=タイ王国で

18年2月28日 758
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved