ニュース » 記事詳細
夕日桟橋の新しい物揚場=館山

巡視艇「たかたき」迎え22日に供用

整備が進められていた館山夕日桟橋の新物揚場が、完成した。22日には千葉海上保安部の巡視艇「たかたき」を迎え、供用開始セレモニーも開催される。

現在ある物揚場の沖側約40bに整備された。岸壁部の延長は23b、幅員は6・9bで、既存の物揚場と同サイズ。事業主体は県で事業費は2億880万円、市が4050万円を負担した。

水深約5bとなり、総トン数100〜300d級の船舶の係留が可能で、プレジャーボート、官公庁船を呼び込む。

記念セレモニーは22日午前10時から。セレモニー後の午前11時からは寄航した「たかたき」の船内見学会も予定されている。見学会は午後2時まで。

【写真説明】夕日桟橋の新しい物揚場=館山

4月10日20時00分 925
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved