ニュース » 記事詳細
スーパーゴロン太

南房総市は、今年度も施設園芸用の木質バイオマス暖房機の設置費用を助成する。導入費用の半額(上限20万円)を助成するもので、ハウス園芸農家への普及を図る。

市内の森林資源を有効利用するため、薪を燃料にする暖房機を普及し、施設園芸農家の暖房経費の削減や、CO2削減につなげようという。

市では、平成25年度から助成をスタート。薪の供給体制も整え、これまでに20台の暖房機が導入されていて、設置した農家から「燃料費削減や作物の育成に効果があった」との声も寄せられているという。

暖房機の種類は2つ。薪をいっぱいにすると8時間連続燃焼し、130坪のハウスで外気温プラス5〜9度の加温効果のある「ゴロン太」。12時間連続の燃焼、200坪ハウスでの加温効果が外気温プラス8〜12度の「スーパーゴロン太」がある。

対象は市内の施設園芸農家で、詳しい問い合わせや申し込みは、南房総市農林水産課地域資源再生室(0470―33―1073)へ。

【写真説明】スーパーゴロン太

18年4月11日 626
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved