ニュース » 記事詳細
ジャズ演奏に合わせてダンスをする子どもたち=館山

恒例のフェス楽しむ 館山

館山市の城山公園芝生広場で4日、「城山ジャズフェスティバル2018」が行われた。青空の下の特設ステージで3組が演奏。市民や観光客らがジャズのリズムに合わせて体を揺らしていた。

南房総ライオンズクラブが主催するゴールデンウイーク恒例の観光イベントで、館山ふるさと大使でフルート奏者の深津純子さんがプロデュース。住民や観光客らに楽しんでもらおうと続けられている。

チャリティーイベントで、当日に集めた募金や飲食販売の売り上げは、館山市、南房総市、鋸南町の子どもたちの健全育成、教育支援事業などに役立てられるという。

ステージでは、「宮崎勝央&古田一行2サックスジャズコンボ」「コンビアーノ」が出演。会場を大いに盛り上げた。

地元のジャズ愛好家で結成され、深津さんの指導で練習を重ねる「館山ジャズビッグバンド」は、迫力ある演奏を園内に響かせた。ゲストボーカルのハナホウさんが歌声で観客らを魅了。ヒップホップダンスチーム「エボリューション」の子どもたちが、演奏に合わせてダンスを披露した。にぎやかな演奏に、観客らも手拍子をしたり体を揺らしたりして楽しんでいた。

習志野市から来た観光客は、「天気が良いのでドライブに来たら、すてきなイベントに出合えた。新緑と音楽を一緒に楽しめました」と笑顔を見せた。

【写真説明】ジャズ演奏に合わせてダンスをする子どもたち=館山

5月5日20時00分 653
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved