ニュース » 記事詳細
コレクションの一部を前に木内良春さん=ギャラリーsfk

マニア垂涎の的を展示 28日まで「sfk」で

昭和の香り漂うレトロな家電製品を蒐集(しゅうしゅう)、修理してはよみがえらせている男性のコレクションの一部を展示した「今よみがえるレトロなものたち展」が、10日から南房総市下滝田のギャラリーsfkで始まった。置き時計、柱時計、電話機、扇風機、オープンリールのテープレコーダー、真空管ラジオ、蓄音機などがギャラリーに並ぶ。いずれも男性が自ら修理し、現在でも現役で使える品々。ギャラリーに足を踏み入れたとたん、昭和のまま時が止まった錯覚に陥る。28日まで。(忍足利彦)【房日新聞ホームページか、別掲のQRコードから、蓄音機再生の動画が見られます】

動画はこちら⇒http://www.bonichi.com/News/item.htm?iid=12220

第2の人生模索中 懐中電灯に出合う

鴨川市の木内良春さん(73)。公務員を定年退職後、「第2の人生」を模索しているうち、古い懐中電灯を手にした高齢女性に会い、持っていたブリキ製の懐中電灯に魅せられた。LED球でプラスチック製が全盛の世に、豆電球の柔らかい明かりの魅力に引き寄せられ、レトロの道に。

リサイクル店を回るうち、今度は黒電話に出合う。「黒電話が放つ、(どっしりとした)黒光りにすっかりはまった」(木内さん)が、そのほとんどが壊れていた。分解し、組み立て。妻と「電話ごっこ」と称して通話試験もした。独学で電気工作も勉強し、はんだごても大小10本ほどそろえ、臨機応変に使って修理の道に。

レトロ趣味はどんどん高じて、スタンド電灯、機械式時計、ラジオ、扇風機、蓄音機と、奥深い道へずんずん進んでいく。「壊れた家電品をオブジェとして飾る人もいるが、飾っただけでは死んでいるのと同じ。全部修理して、生命を吹き込むことこそが、自らの道」と定め、できる限り修理していった。

木内さんがレトロ品を集め、修理しているらしいとうわさは、すぐに広まり、レトロ家電が次々と自宅へ集まってくる。まさに「類は友を呼ぶ」状態になった。集まったレトロ品は400点を超える。

昭和一桁の時代に生産された蓄音機。その針はすでに市販されておらず、自作して音を鳴らす。修理してよみがえらせるたび、「日本人の技術力の高さ、日本人のたくましさを感じた」という。時代を越えて技術力のすごさを実感している。

電電公社時代の磁石式電話機「M41型」は、「おそらく日本でこれ1台」という貴重品。電話通信会社の技術者が「絶対に使えない」と断言する中、手を加え、実際に使えるようにした。ソニーのカセットプレーヤーの1号機、取材用のウオークマンプロ、放送局向けのデンスケといったレア物もあり、マニアには垂涎(すいぜん)の的だ。

扇風機の一群と一緒に=同

アナログこだわり 音に温かみ感じて

修理して喜んでいるだけではない。1980年代に一世を風靡(ふうび)したウオークマンを修理し、ヘッドホンを付けて、電車内で聞いている。スマホやデジタルプレーヤーで聞く高校生から、怪訝(けげん)そうな目で見られたこともあった。

レトロ、アナログにこだわるのには、理由がある。デジタル音源が音を寄せ集めた(ミキシング)合成音なのに対し、テープやSPレコードは音源をそのまま録音した臨場感があるからだ。オープンリールテープは古めかしいが、やさしい音を再生する。「デジタルにはない温かみ」を感じるのである。

木内さんの自宅には、埋もれそうなほど、こうしたレトロ家電がある。今回はコレクションの一部を、周囲と相談して展示した。ギャラリーオーナーの山鹿公子さんが助言し、「節度ある空間」をもたせ、圧迫感のない展示にした。木内さんだけでは「あれも、これも」と展示してしまい、収拾がつかないからだ。

古いものをよみがえらせて楽しんでいる木内さんにも、悩みがある。同好の士が少ないからだ。一緒に楽しめば、よみがえらせるレトロ品も増えるし、死蔵品にもっと命を吹き込める。「興味のある人はぜひ、この展示を見て仲間に」と訴える。

トークイベントや ジャズライブ開催

展示期間中の20日午後2時からは、会場で「木内良春を囲んで」のトークイベントがある。無料。27日には同じ会場でアモールジャズバンドを招いてのジャズライブ(会費2000円)を予定。こちらの参加も呼び掛けている。

午前11時から午後4時まで。火曜、水曜は休館。

問い合わせはギャラリーsfk(0470―36―3052)へ。

記者が取材中、何回か、蓄音機の再生シーンがあった。記者がこれを動画撮影し、動画サイト(QRコードか、房日新聞ホームページから)で公開している。再生しているのは、「銀座カンカン娘」と「ここに幸あり」の一部。懐かしい音源から奏でられる懐かしい歌を聞くことができる。

【写真説明】コレクションの一部を前に木内良春さん=ギャラリーsfk

【写真説明】扇風機の一群と一緒に=同

5月12日20時00分 706
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved