ニュース » 記事詳細
多言語観光サイト開設をPRするチラシ

東京五輪 見据え

南房総市は、外国人観光客の南房総地域への誘客を図ろうと、多言語に対応した観光サイト「Tokyo Day Trip Chiba Peninsula」を開設した。開設をPRするためのチラシも5000部作成し、都内や近郊の観光施設で配布、利用を呼び掛けている。

市内にはこれまで、外国語に対応した外国人向けの観光サイトが無かったことから、新規に制作することで2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、東京から2時間弱という好立地を生かし、外国人観光客の誘客を推進しようという狙い。

サイト開設に向けては、大学准教授や中国人留学生、在日外国人のほか、市国際交流員、市職員、観光協会、地域おこし協力隊などを集めたワークショップを開くなどし、ウェブサイトのコンセプトをはじめ、掲載する観光スポット、写真、観光モデルコースなどの意見を出し合ってきた。

サイトの名称は、「東京から 日帰りができる 千葉 半島」の意味で、外国人が検索しやすい言葉(ワード)≠ニいう意見を取り入れて名付けた。

▽ニュース・トピックス▽観光モデルコース▽南房総に来るべき6つの理由▽南房総までの行き方▽南房総について▽できること――の項目があり、見どころスポットやアクセス方法などを、英語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語、タイ語、日本語で閲覧することができる。

今後は季節ごとなど定期的な更新を行っていく方針で、「将来的には南房総に住む外国出身者たちが、その国の言葉で情報発信をできるウェブサイトを目指したい」と、担当の市観光プロモーション課では話している。

【写真説明】多言語観光サイト開設をPRするチラシ

5月22日20時00分 606
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved