ニュース » 記事詳細
にぎわったマルシェ=旧平群小校庭

二地域居住推進に取り組んでいるNPO法人南房総リパブリック(馬場未織理事長)主催による「第1回へぐりマルシェ」が27日、南房総市の旧平群小学校校庭で開催された。軽トラカフェや軽食の販売をはじめ、さまざまな体験ができるワークショップが開かれ、家族連れなどでにぎわった。

二地域居住を推進し、都会と田舎をつなぐ活動に取り組んでいる南房総リパブリック。旧平群小の利活用や地域の活性化を図ろうと、市の許可を得てさまざまな活動も展開していて、今回のマルシェは人と人をつなぐ℃タ践の場として開いた。

会場には、軽トラカフェをはじめスイーツ、焼きたてパン、Tシャツ、布小物などの販売のほか、キャンドルや木工、人形づくりの体験、クロスバイク試乗ができる21の店舗が並び、地元地域だけでなく、東京など近郊から訪れた人でにぎわった。

細い木材を使った空間づくりなどのワークショップや紙芝居なども行われ、子どもたちも楽しんでいた。

主催した南房総リパブリックの馬場理事長は「たくさんの人が来てくれたので、マルシェを今後も続けたい。この地域を好きだという人が多いことが分かったので、(旧平群小を)内外の人が集い、学ぶことができる施設として活用できるようにしていきたい」と話していた。

【写真説明】にぎわったマルシェ=旧平群小校庭

5月28日20時00分 712
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved