ニュース » 記事詳細
ブロック塀などを確認した安全点検=南房総

大阪の地震受け学校施設を

大阪で発生した震度6弱の地震で、小学校のプールの壁が倒壊し登校中の女子児童が死亡した事故を受け、南房総市は18日、市内学校施設のブロック塀などの緊急安全点検を行った。

市内にある8幼稚園、8小学校、6中学校と5つの社会体育施設にあるブロック塀やブロック積、コンクリート塀、コンクリート擁壁、石積み擁壁など、41か所を点検した。

このうち、3小学校、1幼稚園、2中学校のブロック塀や石積み擁壁でひび割れなどにより危険があるものとして確認された。今後、早急に詳細な調査を行い、必要に応じて補強などの安全対策を行っていくとしている。

また同市では毎年、地震対策として市内幼稚園、小中学校一斉の登校時避難訓練を行っているが、具体的な危険箇所を示しながら、子どもたちに指導していくという。

【写真説明】ブロック塀などを確認した安全点検=南房総

6月22日20時00分 560
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved