ニュース » 記事詳細

市内の特産品を募集

鴨川市は、ふるさと納税「鴨川市ふるさぽーと寄附金」の謝礼品の拡充を図るため、市内の特産品を募集している。同市では、謝礼品の見直しで、大幅にふるさと納税の実績を伸ばしており、さらに地元産品のラインナップを増やし、増収と特産品のPR、販路拡大にもつなげたい考え。

募集する謝礼品の条件は▽市の特産品またはPRをしていると認められるもの▽市内で生産、製造、加工、販売、サービスなど、いずれかが行われている▽市からの依頼後、速やかに発送できる(期間限定商品についてはこの限りではない)▽飲食物の場合は、寄付者に到着後5日程度の賞味期限がある――など。

市の提案金額は、3000円から30万円以内の10区分で、それぞれ送料、梱包料、消費税など必要経費を全て含む。

応募方法は同市企画政策課にある公募申込書(同市のホームページからダウンロード可)に必要事項を記入し、同課(04―7093―7828)へ。

同市では、平成20年度からふるさと納税を推進。謝礼品については26年11月まで、1万円以上であれば寄付の金額に関係なく6品目のラインナップから選ぶ形だったが見直しを実施。特産品セットなどを充実させ、「鴨川に足を運んでもらう仕組み」で市内宿泊施設の宿泊券や観光商品、市内の病院の人間ドックなどを随時追加してきた。

また、寄付者の利便性アップで、ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」のフォームからの申し込み、インターネット経由でのクレジット決済も可能にし、同一年度内であっても寄付ごとに何度でも謝礼品を受け取れるほか、1回の寄付で複数の謝礼品を組み合わせることも可能にした。

この結果、27年度は3500万円超、28年度は1億6800万円超と件数と金額を爆発的に増やし、ついに29年度は2億2695万4381円となった。

6月26日20時00分 692
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved