ニュース » 記事詳細
セミナーのチラシ

南房総市の「南房総産ビジネス倶楽部(MBC)」は、17日午後2時半から同市役所別館1大会議室で「商品開発・販路開拓セミナー」を開く。農商工連携のコンサルティングやプロデュースの第一人者である羽根拓也氏(アクティブラーニング代表取締役)を講師に、事業所同士のコラボレーションや商品開発について講じてもらう。受講は無料で、11日まで参加者を募集している。

市内の農林水産物を使って事業展開しようとする事業者をサポートするため、市が運営しているMBC。セミナーは、農商工の連携による効果を知ってもらおうと開催していて、今回で9回目となる。

講師の羽根氏は、第1〜3次産業の事業者がコラボレーションし、新商品の開発や販路拡大の機会を促進するコラボネットワークの仕掛け人として高い評価を受けている。

同市では、来年2月に地域の食材を使って開発した食の新商品を競い合う「第3回南房総名品づくりグランプリ」を開催する予定のため、グランプリに向けた商品開発のアドバイスも行われるという。午後5時半までの予定。

MBC会員だけでなく、市内で農林水産業を営む人、農林水産物の流通・加工業を営む人、農林水産物やその加工品の販売業を営む人、名品づくりグランプリへの出場希望者が対象。初参加の人も歓迎している。

詳しい問い合わせや申し込みは、MBC事務局の南房総市農林水産課地域資源再生室(0470―33―1073)へ。

【写真説明】セミナーのチラシ

7月3日20時00分 568
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved