ニュース » 記事詳細

8日に最終審査とトークショー

地元食材を使った「じのもん料理コンテスト」(館山市農産物直売所連絡協議会主催)の一般投票が、イオンタウン館山で行われている。投票は6日まで。8日に同所で公開の最終審査、トークショーなどがあり、主催者では投票や審査会場への来場を呼び掛けている。

地元の農水産物を2種類以上使ったアイデアレシピを募集。87件の応募があり、同市出身の料理研究家の川上文代さんらが書類審査で上位10レシピを決めている。

現在は上位10レシピを写真やイラスト入りで、イオンタウンのフードコート内に展示し、一般投票を行っている。得票数は最終審査での審査員の採点に加算されるほか、1位にはイオンタウン館山賞が贈られる。

最終審査は8日午後1時55分から、イオンタウンのセントラルコート(荒天時は菜の花ホール)で行われる。料理のPRと実食審査があり、一般投票結果も踏まえ、最優秀賞など各賞が決まる。

審査に先立ち午後1時からは、審査委員長の川上さん、特別審査委員で市内在住の野菜ソムリエプロの安西理栄さん、館山総合高校家庭クラブ卒業生によるトークショー「館山の魅力や郷土料理についてプラスα」、川上さんの書籍販売、サイン会もある。

問い合わせは、事務局の市農水産課食のまちづくり推進室(0470―29―5385)まで。

7月3日20時00分 537
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved