ニュース » 記事詳細
大規模改修が行われる三芳農村環境改善センター=南房総

来年3月まで休館に

南房総市谷向にある同市の集会施設、三芳農村環境改善センターが、8月1日から大規模改修工事に入る。耐震補強が主な工事で、事業費は工事監理を含めて約2億円。この工事に伴い、来年3月31日まで施設が休館となるため、市民らの理解を求めている。

昭和57年に旧三芳村時代に建設された同センター。災害時には避難所になることから耐震診断を行ったところ、補強が必要となったため、改修工事を行うことになった。

天井や壁、床など施設全体を補強改修する。1階部分には車いすでも使用できる身障者用のトイレが増設される。

改修工事中は休館となり、三芳地区の社会体育施設の鍵の貸し出しは三芳地域センターで行われる。また、図書室の利用、貸し出しもできなくなる。

詳しい問い合わせは、丸山公民館(0470―46―4031)へ。

【写真説明】大規模改修が行われる三芳農村環境改善センター=南房総

7月26日20時00分 488
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved