ニュース » 記事詳細
「一三〇〇年祭」のポスター

周辺9社から神輿など出祭

館山市大神宮の安房神社(岡嶋千暁宮司)の当地鎮座1300年を祝う「一三〇〇年祭」が10、11日、同神社などで執り行われる。

同神社の創建は2678年前。天富命(あめのとみのみこと)が阿波国の忌部氏の一族を引き連れて同市布良の浜、駒ヶ崎に上陸し、上陸地の男神山、女神山という2つの山に先祖である天太玉命(あめのふとだまのみこと)、天比理?命(あめのひりとめのみこと)を祭ったことが始まりという。

養老元年(717年)に、吾谷山(あづちやま)の麓である現在の場所に遷座。1300年を迎えた今年、例祭の10日とその翌日に奉祝祭を執り行ってお祝いする。

10日は、同市布良の駒ヶ崎神社で「御浜出神事」が行われる。午後1時から、安房神社の境内と布良漁港から駒ヶ崎神社までを、てんぐを先頭に神職、みこ、神輿などが行列になって練り歩く。2時から祭典が行われる。

11日は、午前9時から9社の神輿、お船、屋台が一の鳥居から入祭。安房神社に加えて、▽相浜神社▽三嶋神社▽洲宮神社▽布良崎神社▽熊野神社▽犬石神社▽八坂神社▽日吉神社▽下立松原神社――の神輿などが勢ぞろいする。

正午からは、境内の特設舞台で、日吉神社による鞨鼓(かっこ)舞の奉納がある。また、雅楽の演奏に合わせて舞楽が披露される。

荒天の場合、一部内容が変更になる。

同神社では、「地域の皆さんとにぎやかにお祝いできれば」と多くの参拝を呼び掛けている。

【写真説明】「一三〇〇年祭」のポスター

8月7日20時00分 1,644
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved