ニュース » 記事詳細
新しい働き方講座のチラシ

クラウドソーシング学ぶ

南房総市は、インターネットで仕事の受発注を行うクラウドソーシング(CS)について学んでもらう「新しい働き方講座」を9月からスタートさせる。同市役所別館1大会議室で5日午前10時から、「きっかけセミナー」と題して、CSについての説明会を開く。きょう31日まで参加者を募集している。

CSは、インターネットを通して企業と個人がつながり、仕事の受発注ができる働き方の仕組み。ホームページづくりやデザイン、記事作成など時間、場所を選ばずにできるため、子育て中の女性をはじめ移住者たちの間で注目されている。

市では地方創生として、「より子育てしやすいまち」「働きやすいまち」を目指して、クラウドソーシングを仕事づくりのひとつとして推進。同様のセミナーの開催だけでなく、ITやパソコンの資格を取得するための補助事業などを行ってきている。

講座の初回≠ニなるきっかけセミナーでは、CSの大手「ランサーズ」から講師を迎え、CSの仕組みや仕事の種類などについての説明のほか、参加者の疑問を解決する。受講は無料で、託児サービスもある。

今後は実践に向けて、「基礎講座」を10月3日から11月14日まで全4回、「中級講座」を11月21日から来年1月16日まで、全4回の日程で行う予定。

きっかけセミナーの参加申し込みは、南房総市のホームページから。

詳しい問い合わせは、南房総市商工課(0470―33―1092)へ。

【写真説明】新しい働き方講座のチラシ

8月30日20時00分 573
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved