ニュース » 記事詳細
計量を待つジャンボカボチャ=みんなみの里で

今年の優勝は何`に

カボチャの重量を競う「ジャンボかぼちゃ千葉県大会」が9日、鴨川市宮山の「里のMUJIみんなみの里」で開催される。計量や表彰式が公開されることになっており、「超重量級のカボチャを自分の目で見て、驚いてください」と来場を呼び掛けている。

愛好者でつくる鴨川ジャンボかぼちゃ研究会が主催。日本国内各地から自慢のジャンボカボチャが集まり香川県小豆島で開催される「日本一どでカボチャ大会」の地方大会として公認されている。

5月に競技品種のアトランティックジャイアントの苗を、市内を中心とした県内の栽培愛好家に販売。県大会には、これに自前で調達している地元勢が加わるという。

今年は、猛暑の影響で失敗や苦戦の声が多く聞こえるが、すでに同所の農園などで収穫した重量級のカボチャがズラリと施設脇に並び、200`を超える横綱級が注目の的となっている。

当日は午前9時から順次計量、表彰は午後1時半からの予定。上位3個程度を千葉県代表として、16日の日本大会に送り出すことにしている。

問い合わせは鴨川市農林業体験交流協会(04―7099―8033)内にある「鴨川ジャンボかぼちゃ研究会」の水谷さんへ。

【写真説明】計量を待つジャンボカボチャ=みんなみの里で

8月31日20時00分 515
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved