ニュース » 記事詳細
要望書を手渡す関係者ら=鴨川

26項目の要望書提出

鴨川市の太海地区区長会(滝口弘会長)はこのほど、亀田郁夫市長に26項目の要望書を提出した。滝口会長らが同市役所に足を運び、地区でまとめた要望事項を伝え、検討・対策を訴えた。

要望内容は、▽国道128号天面地区の防潮壁のかさ上げ▽房州大橋の側道橋の通行禁止について▽旧太海小の利活用▽市道の安全対策で落石防止、路肩の補強、防犯灯の設置▽廃屋の取り壊しと撤去▽危険なブロック塀の取り壊し――など。

亀田市長は「市民の皆さんに協力をいただきながら、住み良いまちづくりを目指して適切に対処していく」などと述べた。

【写真説明】要望書を手渡す関係者ら=鴨川

9月26日20時00分 597
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved