ニュース » 記事詳細
南総里見まつりで販売する今年の「孝」の木札

館山市で20日に開催される「南総里見まつり」で、今年も南総里見八犬伝の八犬士にちなんだ文字をあしらった木札が製作され、里見グッズとして販売される。今年は、犬塚信乃の霊玉「孝」の文字を刻み、鈴と組みひもがセットで1個500円で販売する。

今年で37回を数える市挙げての一大イベントだが、厳しい財政事情の中で、資金捻出に同実行委員会総務渉外委員が考案。イベントにちなんだグッズとして6年前から販売している。

7年目となる今回は、八犬伝の8つの玉から7番目となる「孝」と「南総里見まつり」の文字を刻んだ木札1500個を製作。サイズは縦6a、横3・5aほどに鈴と組ひもが付いて首からぶら下げられるつくり。まつりに出祭する山車や神輿の参加者に記念の木札として頒布する一方、見物人や観光客らに販売する。

まつり当日、北条海岸駐車場のグルメ・物産まつり会場の一角にブースを設け、これまで商品化したTシャツやトレーナー、和凧、扇子などの里見関連グッズも合わせて販売される。これらの収益は、夜の打ち上げ花火の費用に回される。

【写真説明】南総里見まつりで販売する今年の「孝」の木札

10月12日20時00分 673
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved