ニュース » 記事詳細
指定管理者を募集している青少年研修センター=鴨川

26日まで申請書提出

鴨川市は同市平塚にある同市青少年研修センターの指定管理者を募集している。現在の契約が来年3月31日で終了することを受けた。担当の同市生涯学習課では「これまで培ってきた経営ノウハウを、同センターのより良い運営や、きめ細やかなサービスに生かしたいという法人・団体は応募を」と話している。

同センターは、嶺岡山系の恵まれた自然環境を生かし、青少年が自然に親しむことをはじめ、集団生活を通しての健全育成、社会教育の振興につなげようと、昭和51年11月に開設。体験活動や研修などに利用されている。

施設は鉄骨スレート2階建て、延べ床面積約499平方b。客室は12畳4室、9畳1室、6畳1室で、研修室や集会室兼食堂、浴室などを備えている。平成18年に大規模改修を実施し、翌19年にリニューアルオープン。20年4月から指定管理者制度を導入している。

指定管理者の業務は▽施設と設備の維持管理▽利用許可に関する業務▽利用料金に関する業務▽センターの設置目的を達成するため教育委員会が必要と認める業務――など。

申請に当たっては申請書のほかに、@施設の管理運営を行うに当たっての基本方針A業務の具体的な実施計画B自主事業計画C管理運営体制――など「管理業務に関する事業計画書」が必要。

希望者は、同市生涯学習課にある申請書に必要事項を記入し、事業計画書などと一緒に、26日までに同課(04―7094―0515)へ。

【写真説明】指定管理者を募集している青少年研修センター=鴨川

10月17日20時00分 524
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved