ニュース » 記事詳細
完成したばかりのウオールアートで記念撮影する人ら=鴨川

SNSでの発信・集客に期待

鴨川市の前原・横渚海岸の端にあるマリーナ堤防で21日、ライブペインターのyoshi47さんによるウオールアートがお披露目された。鴨川青年会議所(JC・金杉司理事長)の創立50周年記念事業の一環。「日本の渚百選」に臨む壁面に巨大なモンスター≠ェ出現し、多くの人が記念撮影を楽しんでいた。

地域情報の発信ツールとして、来訪者のSNSに着目した取り組み。話題性のある新たなランドマークをつくり、取り上げてもらうことで、既存施設だけに頼らない新たな話題性を生み出そうという。

街中の壁をキャンバスにした現代アートであるウオールアートを新たな撮影スポットにしようと幅9b、高さ3・5bの作品を堤防に制作。国内外でアート活動を展開し、世界的に活躍するyoshi47さんが作業を進め、当日にライブペイントで最後の一筆を入れて完成した。

壁面には、yoshi47さんの描く特徴あるキャラクターの大きな顔が描かれた。完成すると早速、多くの人が撮影しようと集まった。「あれは何だろう」と海岸のプロムナードを歩く人らも注目していた。

「思い思いに写真を撮って、作品を楽しんでもらえたら」とyoshi47さん。今回の企画を担当した同JC地域活性化委員会の菅原明善委員長は、「これから先も、多くの人に撮影をしてもらい、SNSで拡散されることで、鴨川のPRにつながればうれしいです」と話した。

当日は、yoshi47さん描き下ろしのイラストで、Tシャツやトートバッグに自分でプリントする「シルクスクリーン体験」もあった。ブースには、観光客や地元の子どもたちで行列ができ、大盛況だった。

【写真説明】完成したばかりのウオールアートで記念撮影する人ら=鴨川

10月23日20時00分 558
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved