ニュース » 記事詳細
食用ナバナの産地見学をする参加者=南房総

関係者ら29人で意見交換会

安房農業事務所、安房農林業振興協議会、安房地域食育推進会議が主催した「安房地域食育活動交換会」が1日、南房総市の丸山公民館などを会場に行われた。地域の食育活動に携わる29人が参加し、産地見学や講演、情報交換で食育への思いを強めた。

旬の食材が最も豊富に出回る時期ということから、県では11月を「ちばの食育強化月間」と定め、県内各地でさまざまな取り組みをしている。その一環である「食への感謝の気持ちや理解を深める取り組み」として、交換会を実施した。

地域の農産物の生産から消費のプロセスを知り、地域の食を身近に感じてもらおうと、設けたテーマは「安房の伝統(在来)野菜の気付き」。安房地域で活動する食育ボランティアや市町、県、JA安房の担当職員、学校の栄養職員、生産者らが参加した。

始めに安房地域の大豆在来系統でJA安房の新たなブランド枝豆「安房一豆(あわいちず)」と食用ナバナの産地を見学。参加者は、畑に入って栽培されている作物や収穫の様子を間近に見て、農業の現場に触れた。栽培するうえでの苦労など生産者による説明を熱心に聞いていた。

丸山公民館では、同市の工場で南房総の中太ショウガやナバナなどを加工する「寿食品株式会社」の代表取締役会長、安田修康氏が房総の農業との関わりや食育への思いなどを語る講演があった。参加者同士での情報交換も行われ、地域の食に対する理解を深める場となった。

「産地を訪れ、実際に生産や加工をする人の話を聞くことができ、食への意識がより高まった」と参加者。安房農業事務所の岩見泰洋所長は、「きょう学んだことを今後の食育推進に役立ててもらえれば」と参加者らに語り掛けた。

【写真説明】食用ナバナの産地見学をする参加者=南房総

11月2日20時00分 419
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved