ニュース » 記事詳細
市役所本庁舎ロビーに設置された端末=鴨川

鴨川市の鴨川観光プラットフォーム株式会社は、市内の観光情報をタッチパネルで検索できるタブレット端末を活用したスタンド「通称・かもがわツーリズム」を、市役所や観光案内所など市内6か所に設置した。

来訪した観光客に必要な案内情報を提供することで、市内を周遊し滞在時間の長時間化につなげようという取り組み。地方創生推進交付金を活用し、システム開発を含めた事業費は964万円。

タブレットのトップ画面には、一目で検索できる▽みどころ▽お土産▽イベント▽体験▽食▽花▽宿――の7ジャンルの観光情報と、新着情報や鴨川の歴史、おすすめの周遊コース、観光タクシーの案内なども掲載している。

小さい子どもからお年寄りまで誰でも操作できるよう、検索はタッチパネルになっており、指1本で必要な情報を得ることが可能。

同社では、常にアップデートして最新情報を発信していく考えで「今後、このシステムを活用し、各関係事業者とも連携したクーポンの発行なども行いながら、観光客の市内周遊を促進していきたい」としている。

設置施設は次のとおり。

▽里のMUJIみんなみの里▽道の駅鴨川オーシャンパーク▽鴨川駅前観光案内所▽天津小湊観光協会▽鴨川市役所本庁舎▽鴨川観光プラットフォーム株式会社

【写真説明】市役所本庁舎ロビーに設置された端末=鴨川

11月8日20時00分 319
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved