ニュース » 記事詳細
セミナーで語る原田代表(右)=館山商工会館で

館山商議所

消費税率の引き上げと軽減税率制度導入を見越したセミナー「軽減税率導入に向けた事前学習と実務対策」が8日、館山商工会館で開かれた。小規模事業者を中心に約20人が参加し、導入の理由や対象となる品目について学んだ。

来年10月の消費税率引き上げ、軽減税率制度導入を受けたセミナー。中小企業診断士で新浜翻訳経営研究所の原田純代表が講師を務めた。

原田代表は軽減税率が始まる理由や目的、その対象品目などについてスライドや例題を交えながら紹介。参加者も熱心にメモを取りながら知識を深めた。

主催した館山商工会議所では「消費税率の引き上げにより、消費マインドの冷え込みや競合他社との価格競争が激化することに加え、軽減税率制度の導入で経理処理などの事務作業の増加など事業者の新たな負担となる。断続的に支援し、関係団体と協力して周知していきたい」としている。

【写真説明】セミナーで語る原田代表(右)=館山商工会館で

11月10日20時00分 491
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved