ニュース » 記事詳細
「命の授業」のチラシ

12月6日

鴨川青年会議所(JC・金杉司理事長)は12月6日に、創立50周年記念事業の一環として、お笑い芸人のゴルゴ松本氏を招いた講演会「命の授業〜『生きる』を考える〜」を、鴨川市民会館を会場に開く。

50周年記念事業で、鴨川市の新たなランドマークとなるウオールアートを、「日本の渚百選」の前原・横渚海岸に隣接するマリーナ堤防に描くなどしている同JC。ゴルゴ氏の講演は、12月第一例会に合わせて企画した。

体を使って表現する「命」のネタで一世を風靡(ふうび)し、お笑い芸人としてお茶の間を沸かせるゴルゴ氏。一方で、企業や地方公共団体、少年院などに出向き、「命」をはじめとするおなじみの漢字ネタで、生きていく上で大切なものを伝える講演会活動を精力的に続けている。

同JCでは「生きていく上で大切なことや、当たり前がどんなに大事なものなのかを考えさせられる内容。ゴルゴ氏の魂のこもった熱いメッセージを多くの人に聞いてもらいたい」と話している。

講演会は午後6時半(開場5時半)から8時まで。入場無料で、先着900人。駐車場に限りがあるため、できるだけ公共機関の利用を呼び掛けている。

問い合わせは、鴨川青年会議所(090―4078―4418)へ。

【写真説明】「命の授業」のチラシ

11月21日20時00分 677
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved