ニュース » 記事詳細
岩糸区の住民を対象に行った防災講演=南房総

自主防災力の向上へ

南房総市の地域づくり協議会「郷づくりまるやま」の部会のひとつ「セーフティー丸山」(小柴芳美部会長)はこのほど、丸山地区で行われた防災訓練で、参加した住民たちに防災講演を行った。

防災訓練は、地域の自主防災力の向上と避難体制の強化を図ることを目的に、岩糸区(河辺敏昭区長)が主催。岩糸区民が集まり、避難誘導訓練、炊き出し訓練、簡易トイレづくりなどが展開された。

セーフティー丸山では、会員の多くが防災士の資格を持ち、識見も高いことから、区の依頼を受けて「巨大地震から家族を守る」をテーマに、地震発生時の対応、災害に強いまちづくり、防災用品の備え方などについて講話した。

受講した区民ら40人は、全国各地で地震をはじめ多くの災害が起きていることから真剣に聞き、質問もしていた。

小柴部会長は「大規模災害が発生した時は、行政が行う公助とともに、地域や行政区が中心となる共助が重要になる。今後も行政区と連携して、それぞれの自主防災力を高めていきたい」と話していた。

【写真説明】岩糸区の住民を対象に行った防災講演=南房総

12月4日20時00分 267
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved