ニュース » 記事詳細
長谷川君(右)と高田川親方=鴨川市役所で

高田川部屋入門で抱負語る

県立安房高等学校柔道部3年の長谷川輝君(18)=鴨川市東町=の大相撲高田川部屋入門が決まり、高田川親方(元関脇安芸乃島)と18日に地元の鴨川市役所で会見した。「いろいろな人から応援され、愛される力士になりたい」などと抱負を語った。安房高からの大相撲入りは初めて。

長谷川君は鴨川中学校から柔道部で、3年時の県中学総体柔道男子個人90`超級で3位、安房高2年時の県新人大会柔道男子個人100`超級で3位、同3年時の県総体柔道男子100`超級で3位。相撲は、中2の時に出場した県新人大会2年個人で3位の戦績を残している。

大相撲に進むことを決めたのは、高校2年の時。卒業後の進路を考えた時、相撲も選択肢にあり、叔父が力士だったこともあって気持ちを固めた。多くの部屋からスカウトが来たが、近所に住む亀田郁夫鴨川市長の妻で、初代若乃花の次女の百合子夫人の助言もあって?田川部屋への入門を決めたという。

身長177・7a、体重162・3`は力士としては決して恵まれた体格とは言えないが「同じような体格で、大きな相手から勝ち星を取ってきた親方のような相撲で、最低でも十両、前頭、そこから上を目指していきたい」と力を込めた。

座右の銘は「意気自若」。言葉の意味どおり「どんなに苦しい時でもくじけずに一歩一歩努力していく」と語った。

今後は来年1月7日に新弟子検査を受け、番付を決める前相撲デビューが1月場所になるという。

高田川親方は「体はいいものを持っている。基礎体力を付けてけがをしない体をつくってから、技術を詰め込んでいきたい。努力すれば花開く」。同席した亀田市長は「並大抵の努力では強くなれない。頑張って関取になってほしい」などと激励した。

【写真説明】長谷川君(右)と高田川親方=鴨川市役所で

12月19日20時00分 1,516
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved