ニュース » 記事詳細
華やいだ雰囲気の展示=ギャラリーsfk

2月4日まで雛と色紙展示

南房総市下滝田のギャラリーsfkで、新春を彩る「つるし雛(ひな)飾り&・干支(えと)色紙展」が始まった。つるし雛と十二支の亥(い)の飾り100セットほどが飾られている。新春らしい華やいだムードが広がる。2月4日まで。

つるし雛は内田福恵さん、岡部節子さん、渡辺みな子さんが制作。これにギャラリーオーナーの山鹿公子さんの亥の色紙などを飾った。新春らしい華やいだ展示となっている。山鹿さんが大病をした後、初めての企画展。

午前11時から午後4時まで。火曜、水曜は休館。

問い合わせはギャラリーsfk(0470―36―3052)へ。

【写真説明】華やいだ雰囲気の展示=ギャラリーsfk

1月12日20時00分 520
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved