ニュース » 記事詳細
イルカへの給餌体験=シーワールド提供

海の動物に親しんで

鴨川市の鴨川シーワールドは、日本動物園水族館協会が主催する「飼育の日」(4月19日)の協賛行事として、14日と19日に入園者を対象としたイルカの飼育についてのレクチャー&給餌体験を催す。

飼育の日は、国内の約150園・館が加盟する日本動物園水族館協会が、動物たちの保護、種の保存などに向けた調査や研究、学習施設としての役割りなど、動物園や水族館の活動に理解を深め、親しんでもらうことを目的に、平成21年に創立70周年記念事業で設けた。

この日に合わせ、各地の施設で協賛イベントが予定されており、シーワールドではイルカにスポットを当て、生態などについてトレーナーが画像などを交えて解説、参加者がサインを出して餌を与える体験をプログラムした。

園内案内所で開園と同時に配布する参加チケットが必要(先着40人)。

また、15日から21日までは、文部科学省主催の「第60回科学技術週間」の関連行事で、特別レクチャー「ウミガメが生まれた!」も入園者を対象に開催する。レクチャー開始時間前に同園マリンシアターに集合する。

【写真説明】イルカへの給餌体験=シーワールド提供

4月9日20時00分 575
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved