ニュース » 記事詳細
人気のウミガメ移動教室=シーワールド提供

19日から 受け付け

幼保・小中学校から希望募る

鴨川シーワールド(勝俣浩館長)は、県内の幼・保育園と小学校、中学校を対象に6月から11月にかけて「ウミガメ移動教室」を開く。アカウミガメの保護活動を展開するシーワールドならではの取り組みで、開講希望が殺到する特別課外授業。19日から電話で受け付ける。

教室で紹介するアカウミガメは、北太平洋に生息。日本は産卵場所のひとつになっており、千葉県は毎年産卵が見られる場所としては北限。シーワールドでは平成14年から鴨川市東条海岸を中心に、ふ化に適さない場所に産卵された卵を施設に保護し、生まれた子ガメを放流している。

教室は、自然保護に関する教育普及活動の一環として実施している。アカウミガメの子ガメとともに飼育係が園や学校を訪問。シーワールドでの保護活動を通して得た知識を伝える他、本物の子ガメに触れてもらい命の大切さなども考えてもらおうという。

開講日は、6月4日から11月28日までの火曜日から木曜日まで(午前10時から午後2時までの間)。レクチャーを合わせて約1時間。料金は鴨川市は無料、勝浦と南房総、館山市、鋸南町が1万円(税別)、それ以外が3万円(税別)。

受け付けは、鴨川シーワールドサービス課(04―7093―4803)へ。

【写真説明】人気のウミガメ移動教室=シーワールド提供

4月15日20時00分 267
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved