ニュース » 記事詳細

移住・定住支援に力を注ぐ鴨川市は、市内への移住者が居住用に購入した新築・中古住宅の費用の一部を補助する「住宅取得奨励金」制度を今年度も実施する。広報紙などを通じて利用を呼び掛けている。

リタイア世代に限らず、子育て世代など幅広い世代の移住・定住をターゲットにした取り組み。市内に住宅を新築、中古住宅を取得した転入者が対象で、基本金額20万円に、市内業者による新築・リフォーム工事で10万円、子育て世帯は10万円、さらに子育て世帯と親世帯の同居で20万円、同2`以内の近居で10万円が加算され、最大60万円を補助する。

国から2分の1の補助を受け、平成23年度からスタート。これまで85件に計4083万円を交付。申請時の移住者数は計219人を数えている。今年度は500万円を予算化しており、15件程度の申請を見込んでいるという。

交付対象となる新築・中古住宅は、自己の居住のために市内に新たに取得した一戸建て住宅、または併用住宅など。▽市外からの転入者で、転入する日の前3年間、同市の住民基本台帳に記録がない▽10年以上の期間、同市に居住する意思があり、住民基本台帳に自己の居所として記録され、生活の本拠がある――ことなどが条件。

問い合わせは、同市都市建設課(04―7093―7835)へ。

5月8日20時00分 454
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved