ニュース » 記事詳細

フッ化物塗布

7月から2歳児に無料実施

幼児期の虫歯予防に向け館山市は、2歳児を対象にフッ化物歯面塗布事業を7月から始める。2回のフッ化物歯面塗布が無料で受けられる。対象者には市から受診票が発送される。

フッ化物歯面塗布は、虫歯予防効果のあるフッ化物製剤を歯に直接塗布するもので、安房歯科医師会に委託して実施する。

市によると、虫歯がある子どもの割合(平成29年度)は、1歳6か月健診では0・4%だが、3歳児健診では19・3%と2歳を挟んで大幅に増え、県平均の14・5%を上回っているのが現状。

一般的にも乳歯が虫歯になりやすいのは、1歳7か月から2歳7か月までと言われていることから、2歳児を対象にフッ化物歯面塗布事業を実施することになった。

対象は平成29年4月2日以降に生まれた2歳から3歳未満の市民。今年度は約270人分、約181万円を予算化した。

市では、2歳の誕生日を迎えるころに受診票を発送する(平成29年4月から6月生まれの対象者には6月末にまとめて発送)。受診票を使用することで、指定の歯科医療機関で2回(2回目は1回目からおおむね3〜6か月の間隔を空ける)のフッ化物歯面塗布を無料で受けられる。

歯科医療機関では、歯科保健指導も併せて実施することとなっており、市では今後子どもたちの虫歯が減少することを期待している。

問い合わせは、館山市健康課(0470―23―3113)まで。

5月16日20時00分 626
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved