ニュース » 記事詳細
シャチがテーマの特別レクチャー=シーワールド提供

「国際博物館の日」行事で

鴨川市の鴨川シーワールドは、「国際博物館の日(5月18日)」にちなみ18、19の両日、入園者を対象にシャチの生態や飼育エピソードを紹介する特別レクチャー「シャチ ものしり講座」を、施設内のマリンシアターで開く。

国際博物館の日は、博物館や水族館が社会に果たす役割を広くアピールするため、国際博物館会議が提唱し、昭和52年に設けられた。毎年、各国で記念イベントが行われており、国内では日本博物館協会が主体となり平成14年から取り組んでいる。

シーワールドが設けたテーマは、海獣パフォーマンスの花形でもあるシャチ。シーワ―ルドでは、昭和45年の開業時からシャチを飼育し、パフォーマンスを公開。平成10年には日本で初めて飼育下での繁殖に成功し、20年には3世も誕生している。

特別レクチャーは18、19日午後1時から。「50年を迎えるシャチの飼育の歴史にまつわる貴重なエピソードを、写真や映像を使い解説する。シーワールドでしか見ることができない講座を楽しんでもらいたい」と話している。

無料(別途入園料が必要)。

【写真説明】シャチがテーマの特別レクチャー=シーワールド提供

5月16日20時00分 640
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved