ニュース » 記事詳細
無償提供するサイクルラック=館山

市内の店舗に無償で提供へ

地域のサイクリング環境の向上に、館山、南房総市を中心とした愛好者でつくる「館山自転車倶楽部」(庄本幸範代表)は、館山市の補助金を活用してサイクルラック20基を製作。市内の飲食店、小売店など店舗に無償で提供する。希望する店舗を募っている。

同会では、多くの人に南房総エリアでのサイクリングを楽しんでもらおうと、これまでも市の観光振興支援事業補助金を活用し、おすすめコースなどを盛り込んだロードマップ、外国人向けのマップなども作成している。

今回製作したサイクルラックは、ロードバイクなどスタンドがない自転車向けで、サドルを掛けるタイプ。高さ約115a、横幅約135a。温かみのある木製で、十分な強度を備えている。ロードバイク3、4台の駐輪が可能。

「南房総エリアを訪れるサイクリストは増えてきているが、まだまだラックは少なく、受け入れ環境を向上させたい」と庄本代表。

「ラックがあればサイクリストは安心して店に立ち寄ることができるし、店側にもメリットがある。サイクリストを応援したいお店はぜひこの機会に設置してほしい」と希望する店舗を募っている。対象は館山市内の店舗で先着順。

問い合わせは、館山自転車倶楽部事務局(0470―23―9566)へ。

【写真説明】無償提供するサイクルラック=館山

5月17日20時00分 679
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved