ニュース » 記事詳細
ミュージカルの出演者ら=南房総

7月7日にローズマリー公園で

オペラ歌手の飯村孝夫さんと、飯村さんから指導を受けるコーラスグループ「山ぼうし」、「千倉歌おう会」(森亜土会長)などによる発表会「飯村孝夫ファミリーatシェイクスピア・シアター」が7月7日、南房総市白子の道の駅ローズマリー公園内「シェイクスピア・シアター」で開かれる。

ステージは3部制。1部は飯村さんのバリトン・ミニ・コンサート。2部はコーラスグループ「山ぼうし」による合唱。3部では、千倉歌おう会が創作ミュージカル「ウェスト・ハーバー・ストーリー」を披露する。

千倉歌おう会は、飯村さんから1か月に一度のペースで歌や呼吸法の指導を受けており、毎年の活動のまとめとしてミュージカルを披露。今年で13回を数える。

今回は名作ミュージカル「ウエストサイドストーリー」を土台にした、1960年代の千倉が舞台の恋物語で、ウエストサイドストーリーの名曲などとともに、房州弁が飛び交う地元らしいミュージカルに仕上げた。脚本はいいむらよしこさん、演出を飯村孝夫さんが担当、同市千倉地区在住のイラストレーター、山口マオさんも特別出演する。

森会長は「メンバーの平均年齢は75歳。歌詞やせりふなどを覚えることが年々難しくなっていますが、こんなに楽しくめったに経験できないことがもうできなくなるのは残念と思い、全員元気で楽しく活動しています。ぜひ、私たちの練習の成果を見に来てほしいです」と話している。

午後1時から3時まで(開場は0時半)。入場無料。

【写真説明】ミュージカルの出演者ら=南房総

6月26日20時00分 551
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved