ニュース » 記事詳細
地域住民らが訪れた花苗の無料配布=南房総

丸山で花の景観づくり 南房総

南房総市の丸山地域づくり協議会「郷づくりまるやま」(稲葉正義会長)はこのほど、花の景観づくりの一環として、丸山地域センターで花苗の無料配布を行った。訪れた約30人の地域住民たちに、マリーゴールドやサルビアなど約500株を配布した。

「お花あふれる地域づくり」を推進している同協議会の「まるやま花華倶楽部」(鈴木順一部会長)が実施した。

同倶楽部では、花壇整備や植栽活動を行ってきたが、会員が種から育てた苗を景観づくりに賛同する人たちに配り、植えてもらうことで、地域を花でいっぱいにしようという。

マリーゴールド、サルビア、ヒャクニチソウの苗約500本を配った。受け取った人は「大切に育てますね」と、笑顔で話していた。

鈴木部会長は「感謝などの温かい言葉をいただけ、非常にうれしい。取り組みを普及させ、地域に貢献していきたい」と話していた。

なお、生育の都合で今回の配布に間に合わなかったニチニチソウの苗約200株をあす8日午前10時から、同センター駐車場で配布(なくなり次第終了)するという。

【写真説明】地域住民らが訪れた花苗の無料配布=南房総

7月6日20時00分 470
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved