ニュース » 記事詳細
市民課窓口前に設置された房州うちわ=南房総市役所で

うちわで涼んで

館山市と南房総市は、市役所窓口に房州うちわを設置した。来庁者に暑さ対策に活用してもらおうというもので、それぞれ市民課前に置かれている。

両市の業者が製作している房州うちわ。京都の「差し柄うちわ」、香川・丸亀の「平柄うちわ」に並ぶ日本三大うちわで、経済産業大臣指定の伝統的工芸品に認定されている。

窓口に設置することでPRを図るとともに、房州うちわ特有の柔らかく涼しい風≠ナ暑さをしのいでもらおうという。

房州うちわ振興協議会事務局の館山市雇用商工課では「窓口でお待ちになるときに、房州うちわを使ってもらえれば」と呼び掛けている。

【写真説明】市民課窓口前に設置された房州うちわ=南房総市役所で

7月10日20時00分 852
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved