ニュース » 記事詳細
昨年の人形劇フェスティバル

無料巡回や文楽公演も

南房総市の夏の恒例のイベント「南房総人形劇フェスティバル」が、今年も開催される。8月3日から8日までの6日間で、会場はとみうら元気倶楽部。事前の「無料巡回公演」や、10日の千秋楽≠ヘ「文楽」も行われる。

同市教育員会が主催、NPO法人富浦エコミューゼ研究会が主管し、毎年元気倶楽部を会場に実施しているおなじみのイベント。夏休み中ということもあり、毎回多くの親子や子どもたちが訪れ、にぎわっている。

本公演≠ヘ、8月3日から8日までの6日間。劇団「貝の火」や、地域のアマチュア劇団たちが「さるカニ合戦」や「さんびきのこぶた」などを上演することになっている。

また、初日3日は「竜子姫まつり」として、賞品が当たるビンゴ大会なども行われる予定。

千秋楽≠フ10日には、文楽が行われる。昼、夜の2回公演で、人形は桐竹勘十郎など。

さらに、たくさんの子どもたちに人形劇を見て楽しんでもらおうと、フェスティバルのプレイベントとして、27、28日には市内4会場で無料巡回公演が開催される。

「今年も例年同様の内容で人形劇フェスティバルを開催します。多くの子どもたちや親子、一般の方に楽しんでもらいたい」と主催者は話している。

本公演や文楽のチケットは、今後開催に合わせて販売されるという。

【写真説明】昨年の人形劇フェスティバル

7月16日20時00分 751
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved