ニュース » 記事詳細

「月面にじゃんけんの『グー』が見えました」――。鴨川市の天文家、浦辺守さんが月齢5の月表面を撮影した=写真、写真内の文字も浦辺さん=。

浦辺さんによると、月面にはクレーター、山脈、海、丘などさまざまな地形があり、月の満ち欠け(太陽光線の当たり方)によって地球からの見え方が多少変化するという。

外周の直径が100`ほどある、テオフィルスというクレーター内部にある山がグーの正体で、ほどよく太陽光線が当たり、地球からグーのような形に見える。

今年は、アポロ11号が人類初の月面着陸を成功させて50年。アポロ11号が着陸した場所は、そのテオフィルスの北約300`の地点(写真の+印=静かの海縁)。

「来月の上弦の月は8日。天体望遠鏡をお持ちの方はぜひ『月面グー』を観察し、アポロ11号着陸地点にも目を向けてほしい」と浦辺さん。

7月18日20時00分 706
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved