ニュース » 記事詳細

4日に公示された第25回参議院議員選挙はあす21日、投開票される。6人が立候補した千葉選挙区(改選数3)では、3議席を巡る激しい戦いが繰り広げられている。

立候補しているのは、届け出順に自民党現職の石井準一氏(61)、立憲民主党現職の長浜博行氏(60)、自民党現職の豊田俊郎氏(66)、安楽死制度を考える会新人の門田正則氏(72)、共産党新人の浅野史子氏(48)、NHKから国民を守る党新人の平塚正幸氏(37)の6人。

安倍晋三首相の政権運営の実績が問われる中、憲法改正や消費税増税の是非、「老後資金2000万円問題」で浮上した年金制度の在り方などを争点に舌戦を繰り広げてきた。

3議席を争う千葉選挙区では、自民が前回に続いて2議席獲得を目指し、立憲民主は議席を死守したい構え。いずれも党本部から大物が応援に駆け付け、県内を駆け巡りながら街頭演説や個人演説会で支持を訴えてきた。また、共産は唯一の女性候補として初の議席獲得を狙う。

期日前投票低調 安房4市町

参院選では「選挙区」と「比例代表」の2つに投票する。選挙区では当選させたい「候補者名」を記入。比例代表では「候補者名」か「政党名」を記入する。

県選管によると、今回の参院選の期日前投票の投票者数は、投開票1週間前の14日現在、館山市2818人(前回平成28年比703人減)、鴨川市1856人(同54人減)、南房総市564人(同133人減)、鋸南町381人(同139人減)だった(公示日からの日数は前回より1日少ない)。

期日前投票はきょう20日までで、時間は午前8時半から午後8時(天津小湊支所は午後5時)まで。投票日の21日は、午前7時から午後8時まで投票を受け付けている。

千葉選挙区立候補者 右上から左下へ届け出順、敬称略、丸数字は当選回数

石井 準一(61)自民現A 予算委筆頭理事

長浜 博行(60)立民現A 元環境相

豊田 俊郎(66)自民現@ 元内閣政務官

門田 正則(72)諸派新 元船橋市議

浅野 史子 (48)共産新 党県副委員長

平塚 正幸(37)諸派新 ユーチューバー

7月19日20時00分 740
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved