ニュース » 記事詳細
人形劇フェスティバルのチラシ

千秋楽の10日に文楽上演

南房総市の夏のおなじみのイベント「第31回南房総人形劇フェスティバル」(同市教育委員会主催、NPO法人富浦エコミューゼ研究会主管)が、3日からとみうら元気倶楽部で開催される。8日までは子ども向けの人形劇、千秋楽≠フ10日には文楽が行われる。チケットは元気倶楽部で取り扱っている。

初日の3日は「竜子姫まつり」として、賞品が当たるビンゴ大会が行われる。午後1時半から2時50分までで、人形劇と紙芝居の3公演が行われる。4日から8日までは、それぞれ午後2時から3時までで、人形劇が上演される。

チケットはいずれも、当日券が800円、前売り券が600円。6枚つづりの回数券(3000円)もある。

また、千秋楽の10日には文楽が行われる。昼の部(午後2時〜)と夜の部(7時〜)の2回公演。演目は「小鍛冶」「面売り」。太夫は竹本津駒太夫、豊竹芳穂太夫。三味線は竹澤宗助、鶴澤寛太郎、鶴澤燕二郎。人形は桐竹勘十郎他8人。おはやしは仙波大明、仙波宏多、福原徹彦。当日券は2000円、前売り券は1700円。

人形劇フェスティバル、文楽の詳しい問い合わせは、とみうら元気倶楽部(0470―33―3411)へ。

文楽以外の公演演目、出演者は次のとおり。

▽3日=人形劇「3びきのやぎのがらがらどん」(ころころ)、紙芝居「勘解由(かげゆ)どんの猫」(富浦エコミューゼ研究会)、人形劇「ヘンゼルとグレーテル」(あわの実)

▽4日=人形劇「さるカニ合戦」「お買い物できるかな」(劇団貝の火)

▽5日=人形劇「笠地蔵」「かくれているのはだーれ?」(オフィスやまいも)

▽6日=人形劇「ブレーメンの音楽隊」「ミィちゃんのわくわく弁当」(劇団貝の火)

▽7日=人形劇「こんたとぶん」「なかよし」(ゆい*パペットシアター)

▽8日=人形劇「さんびきのこぶた」「ひよこのさんぽ」(劇団貝の火)

【写真説明】人形劇フェスティバルのチラシ

7月31日20時00分 551
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved