ニュース » 記事詳細
平和への願いが込められた作品が並ぶ会場=とみうら枇杷倶楽部で

9月1日まで

芸術をとおして平和の尊さを訴えるチャリティー美術展「ART FOR THE EARTH 2019―第15回安房・平和のための美術展―」(同実行委員会主催、房日新聞社後援)が24日、南房総市のとみうら枇杷倶楽部ギャラリーで始まった。安房地域にゆかりのある芸術家73人の平和を願う作品が並んでいる。9月1日まで。

「平和のために何ができるだろう」と、2005年に始めた展覧会。日常の何げない風景や色とりどりの花などを描いた絵画、笑顔をとらえた写真、彫刻、陶芸などさまざまなジャンルの作品が展示されている。

作品には「世界中の人が好きな絵を描くことができる世の中になってほしい」「穏やかな日々が続いてほしい」「令和も平和な時代でありますように」など、平和への願いを込めた作家のメッセージが添えられている。

作品やグッズを販売し、売り上げの一部を寄付するチャリティーも行われ、収益金はアフリカ・ウガンダ支援や地域の各団体の活動などに役立てられる。

入場無料。時間は、午前10時から午後5時(最終日は4時)まで。

【写真説明】平和への願いが込められた作品が並ぶ会場=とみうら枇杷倶楽部で

8月26日20時00分 540
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved