ニュース » 記事詳細
「頼朝まつり」のチラシ

期間中ナイル善己さんの教室も

9月3日から受け付け

源頼朝再興の地、鋸南町で9月27日から「第8回頼朝まつり」が開かれる。10月31日まで。琵琶の弾き語り、英語ミュージカルなどのメインイベントは同町の道の駅きょなんで10月13日に予定。安房の頼朝史跡めぐりバスツアー(9月27日)、よりともグルメ教室(10月7日)、源頼朝ハイキング(同13日)、頼朝サイクルツアー(同19日)、頼朝ガイドツアー(同19日)などのイベントが展開される。いずれのイベントも9月3日から電話で受け付ける。

主催は町源頼朝観光推進実行委員会。メインイベントは10月13日午後1時から、道の駅きょなんで。平喜世さんと加藤千枝さんによる琵琶弾き語り「頼朝と政子」で開幕。頼朝甲冑隊によるミニ英語ミュージカル、竜島木遣、甲冑行列、太鼓演奏、源平餅投げなどを予定。先着100人にサザエのプレゼント(2つの道の駅の買い物か、食事の当日のレシートを提示)もある。

安房の頼朝史跡めぐりツアーは、9月27日午前8時45分、道の駅きょなん集合。社会教育バスで史跡を巡る。無料。弁当、飲みもの、雨具などを持参。定員25人で募集する。

よりともグルメ教室は、東京・銀座のナイルレストランの3代目、ナイル善己さんを招く。インド料理の魅力と芳醇(ぼうじゅん)なスパイスのナイルカレーを味わおうという。10月7日午前10時から、道の駅保田小で。参加費は1人2500円。鮭カレー、キーマカレー、マサラチャイをつくるという。定員20人。

源頼朝ハイキングは10月13日午前9時半、内房線岩井駅集合。案内は県山岳史研究会の川崎勝丸さん。定員50人で、参加費無料。弁当、飲みもの、雨具などを持参する。

頼朝サイクルツアーは、10月19日午前9時40分、内房線保田駅集合。南房総サイクルツーリズム協会の関係者が案内する。定員15人で、参加費1000円。

頼朝ガイドツアーは10月19日午前8時35分、内房線安房勝山駅集合。鋸南ガイドが案内する。参加費無料で、弁当、飲みもの、雨具などを持参。定員は20人。

関連イベントとして、創作頼朝木版画すり体験(9月28日午後1時から、道の駅保田小、無料)、創作頼朝紙芝居上演(9月29日午後2時、道の駅保田小、無料)も。

9月27日から10月10日までは、道の駅保田小で「頼朝写真展〜写真で巡る源頼朝伝説〜」の展示もある。

問い合わせ、申し込みは、主催者事務局の鋸南町役場地域振興課まちづくり推進室(0470―55―1560)へ。

【写真説明】「頼朝まつり」のチラシ

8月27日20時00分 645
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved