ニュース » 記事詳細

絵本作家の講演と原画展

「安房この本だいすきの会」(平川政男代表)は9月22日、館山市の安房教育会館を会場に、25周年記念イベントを開催する。絵本作家のひろかわさえこさんによる講演、日本を代表する絵本作家60人が描いた原画と「平和へのメッセージ」の展示を予定している。

「『いい絵本・いい物語・いいことば』を、真心を込めて子どもたちに手渡したい」と、年1回の子どもの本セミナーの開催を継続している。「これからも地域とともに、子どもたちの平和な未来を思いながら、絵本・物語の大切さを考えていきたい」と、節目のイベントを企画した。

メインとなるのは、「ぷくちゃん」シリーズや「ともだちになろうよ」など、自身の子育て体験などから生まれた絵本や紙芝居を100冊以上出版し、全国各地の講演で母親や保育者の人気を集める絵本作家、ひろかわさんの講演。

22日午後1時半から3時まで。参加費は800円(高校生以下無料)で作品の販売やサイン会も予定されている。

講演に合わせて、絵本「戦争なんか大きらい!」に掲載されている田畑精一さん、きむらゆういちさん、田島征三さん、長谷川義史さん、原ゆたかさんら60人の原画も展示される。21日午後1時から4時まで、22日午前9時半から午後4時まで。無料。

講演会の問い合わせは、実行委員長の原政子さん(04―7092―5748)へ。

8月30日20時00分 513
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved