ニュース » 記事詳細
支援物資を手渡す山本さん=館山

房州のご当地ヒーロー番組「房州電撃!!ライデンマル」にジャンジャ役で出演する山本真嗣さん(36)が11日、「渚の駅たてやま」近くの駐車場で支援物資を配布した。いち早く安房に駆け付け、食料品や生活用品を配り、市民らに温かい支援をした。

ジャンジャは、木更津市を舞台とした特撮テレビドラマ「鳳神(ほうじん)ヤツルギ」などを制作する「株式会社ヤツルギ魂」による特撮のキャラクター。番組は、動画共有サービス「YouTube」のチャンネルなどで放映されている。

山本さんは、ファンからの情報で安房地域で物資が不足していることを知り、10日午後7時ごろに飲料水やパンといった食料品、おむつなどの生活用品を車に積み込み、東京を出発。11日午前2時に到着し、7時ごろから配布を開始した。

SNSでの情報や駐車場前の看板で物資の配布を知った市民らが集まり、温かい支援を笑顔で受けていた。作品が好きだという子どもたちも、笑顔でジャンジャと握手をしたり、一緒に写真を撮ったりと喜んでいた。

山本さんは「いつも館山をはじめ、安房地域の皆さんに応援していただいて、少しでもその気持ちを返したいとすぐこちらに向かいました。早く、元気な地域に戻ってほしいです」と話した。

支援を手伝う市民の姿も見られた。館山二中の井田菜月さん(15)は、「停電で困っているという友達もいる。支援物資を配布していることを知り、私も誰かの助けになりたいと手伝いました」とほほ笑んだ。

【写真説明】支援物資を手渡す山本さん=館山

9月11日20時00分 1,707
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved