ニュース » 記事詳細
定期預金「きずな」のチラシ

災害復興型定期 「きずな」を販売開始

館山信用金庫(利田秀男理事長)は、災害復興支援定期預金「きずな」の取り扱いを始めた。通常より金利優遇で、預金することで災害時の地域への支援物資配布にもつながる。

利田理事長は「先の台風15号で、当金庫が自ら被災した時に、災害用支援物資の重要性を改めて痛感した。地域金融機関として、災害時の地域に対する支援として、定期預金の募集を通じて地域の皆さまのためにお役に立ちたく、商品化した」と思いを語る。

募集金額は40億円。預金総額の0・025%に当たる金額を同金庫が災害用の支援物資購入に充てる仕組み。募集金額に達した場合は100万円分となる。物資は、同金庫に保管し、災害発生時に同金庫営業店経由で被災した地域に配布するという。

適用金利は、預入期間3年で0・05%、同5年で0・1%。通常金利は0・01%だという。取扱期間は来年1月31日まで。

問い合わせは、館山信用金庫業務部(0470―29―3013)か最寄りの同金庫本店、支店へ。

【写真説明】定期預金「きずな」のチラシ

11月18日20時00分 681
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved