ニュース » 記事詳細
総務大臣表彰を受けた清水氏=館山

館山市の長須賀第6町内会長の清水有治氏(86)が11月29日、自治会等地縁による団体功労者として総務大臣表彰を受けた。総務省で表彰式があり、2日には館山市の金丸謙一市長に表彰されたことを報告した。

自治会や町内会などの代表者を長年務め、良好な地域関係の維持などに大きな功績のあった人を表彰している。今年県内で表彰されたのは4人だった。

清水氏は、平成8年4月に長須賀第6町内会長に就任。現在まで23年7か月にわたり会長の重責を担っている。会長として地域の多世代の人との触れ合いを大切に、明るく住み良いまちづくりに取り組み、町内会の住民同士での助け合いを実践。

城山交番連絡協議会委員も務め、安全で安心して暮らすことができるまちづくりにも貢献している。

清水氏は「23年もの間、町内会長を務めることができたのは、町内会員の皆さまや役員の方々のご協力のおかげ。今後も長須賀第6町内会長として微力ながら地域や館山市の発展のために協力していきたい」とコメント。

金丸市長は「おめでとうございます。ひと口に23年というが、長い間大変なご苦労があったと思う。地域住民のために力を尽くしていただき感謝している」とたたえた。

【写真説明】総務大臣表彰を受けた清水氏=館山

12月3日20時00分 282
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved