ニュース » 記事詳細

16宿泊施設で利用可能

鴨川市は、ふるさと納税の返礼品に市内16の宿泊施設で利用できる「電子感謝券」サービスを導入した。ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」を運営する、トラストバンクのシステムを活用するもので、寄付金額に応じて電子感謝券がポイント(1ポイント1円)で付与される。

利用方法は、同市にふるさと納税する返礼品として「ふるさとチョイス電子感謝券」を選択して寄付。寄付者自身のスマートフォンやタブレット端末に同感謝券のアプリをインストールし、現地で使用するという流れ。

寄付金額とポイントは▽5000円=1500ポイント▽1万円=3000ポイント▽5万円=1万5000ポイント▽10万円=3万ポイント――。所得ポイントは寄付の決済完了日から2年間有効となる。

同市では、順次利用可能施設の拡大を図っていく方針で、「電子感謝券を通じて寄付者が鴨川に足を運ぶことで、交流人口の拡大にもつながり、ふるさと納税以外の経済効果も期待できる」としている。

現在、利用可能な宿泊施設は次のとおり。

鴨川館、鴨川ユニバースホテル、房総鴨川温泉是空、海辺の宿恵比寿、海鮮の宿舟付、鴨川ホテル三日月、海鮮問屋の宿くろしお、森の宿せせらぎ、ペンションアル・モール、ホテルグリーンプラザ鴨川、味な宿蓬莱屋、魚眠庵マルキ本館、かんぽの宿鴨川、ホテル海光苑、潮騒リゾート鴨川、画家ゆかりの宿江澤館

12月21日20時00分 867

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved