ニュース » 記事詳細

鋸南町役場敷地内に植えられている「頼朝桜」(カワヅザクラ)の原木≠フライトアップが、5日夜から始まった=写真=。花が咲いている当面の間、タイマーで自動点灯される。午後6時から3時間ほどの予定。

毎年この時期、花の見ごろを迎えたのを機に、下から照明を当てている。役場前原木は枝のつぼみが次々開き、いまが七分咲き。

今年は水仙もまだ見ごろで、白と濃いピンクのコントラストが楽しめる。

20年2月6日 993

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved