ニュース » 記事詳細
出品した連盟会員ら=文化ホールで

15日まで

館山写真連盟(櫻井保志会長)主催の合同写真クラブ展が、南総文化ホールギャラリーで開かれている。連盟加盟団体メンバーと安房高写真部生徒の力作62点が展示されている。15日まで(10日は休館日)。

同連盟は、房陽クラブ、南房光陽会、全日本写真連盟館山支部、安房写真クラブの4団体で構成。

今回の写真展は、昨年の市文化祭事業での写真展が台風19号の影響で開催期間中に中止となったため、再度開催しようと企画。市内で活動する安房高写真部にも参加を呼び掛けて開催した。

会場には、会員や高校生らが風景や祭礼などを撮影した作品が並び、訪れる人の目を楽しませている。

同連盟では「例年の文化祭よりも作品を増やし、会員が1年間撮りためた中から選りすぐりの写真を出品した。会員や高校生の迫力ある写真や美しい写真をぜひ見に来てほしい。また、各クラブでは写真に関心ある方の加入を歓迎している。会場で配布しているチラシを参考にしてほしい」と話している。

【写真説明】出品した連盟会員ら=文化ホールで

20年2月8日 883

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved