ニュース » 記事詳細
抽選をする金丸市長ら=館山

館山市は5日、市独自の健康ポイント制度「たてやま健幸ポイント」の今年度後期分の抽選会を実施し、必要なポイントを貯めて応募した178人の中から、当選者100人を決めた。市では来年度も実施予定で、市民の参加を呼び掛けている。

市民の健康意識の向上と健康的な生活習慣のきっかけづくり、維持定着を図るため実施している。

各種健(検)診の受診や市の健康教室などへの参加、健康的な生活習慣の取り組みなどをすると各ジャンルごとにポイントがもらえ、必要なポイントを集めて応募すると抽選で景品が贈呈される仕組み。

抽選会は前期と後期の年2回で、今回は後期分。金丸謙一市長らによる厳正な抽選で、1等の市内共通商品券5000円分(1人)をはじめ、同1000円分、直売所商品券、温泉施設利用券、図書カードなどの各賞の当選者が決まった。

市によると、アンケートに対して応募者の9割以上が健康的な取り組みへのきっかけ、継続・維持につながったと回答。

自由記述では「あらためて健康に気を付けるようになりました」「ポイントカードの実施で、さらに健康習慣に関心を持ちました」「がん検診に行くきっかけになりました」などの意見があったという。

健幸ポイントのポイントカードは、市役所本館玄関ホール、コミュニティセンター2階、各地区公民館で配布している。

問い合わせは、市健康課(0470―23―3113)へ。

【写真説明】抽選をする金丸市長ら=館山

3月10日20時00分 703

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved